2015年04月09日

マグリット展♪ (Exposition de René Magritte)

Bonjour à toutes et à tous!
(みなさま こんにちはぴかぴか(新しい)


冬に逆戻りしたかのような
曇り空が続きますね…。曇り
みなさま いかがお過ごしでしょうか。

先日、友人のMさんと一緒に
マグリット展を観てまいりましたるんるん
Mさんは以前からマグリットがお好きだそうで、
彼の作品と同じく、知的で静かな雰囲気の、とても素敵な方です。


(下記クリックすると、公式サイトに飛びますバッド(下向き矢印)



ルネ・マグリットは、ご存知の方も多いと思いますが
20世紀シュールレアリズムを代表する、ベルギーの画家です。

René François Ghislain Magritte est un peintre surréaliste belge.



マグリットの世界は、緻密に組み立てられた迷路のようです。
彼の世界には繰り返し登場するモチーフがあり、
暗い青、鳩、石、明るい青空、海と夕焼けを背景にして立つ女性、
木(葉脈)、馬鈴、ネクタイ・スーツ・帽子姿の男…
(その時代の典型的な一市民)という、
誰もが日常生活で目にするものばかりです。


ですが彼の手にかかえると、石が思考し、一枚の葉が巨大化し
葉脈だけの木になり、馬鈴は谷底(深淵)に咲く花となり、
スーツを着た男性達が空から降ってくる…という
この世ならぬ世界が展開されます。


Magritte1.png

(《ゴルコンダ Golconde》 :1953)


小さな白ウサギの後を追いかけて
不思議の国に迷い込んだアリスのように、
観ている私たちもいつのまにか奇妙な世界に
誘われていきます。

Magritte_Alice.png

(《不思議の国のアリス
    Alice au pays des merveilles》 : 1946)


*ちなみにこの頃のマグリットは、様々な理由から、
 一時的に印象派に近い作品を描こうとしていたようです。
 私にはどう見ても印象派のパロディにしか見えない(笑)



マグリットの世界では、音が色を持ち、靴が話し、
薔薇が空気と交わり、石が意志を持ちます。
初期の頃の作品では、意図的にそうした事物を
組み合わせることで、作品にある効果を生み出そうと
していたようですが、後期の作品では、彼自身が
「事物と対話」し、得られた「回答」を
作品として表現するという手法を取っていたようです。



Magritte_Heegel.png

(《ヘーゲルの休日  Les vacances de Heegel》: 1958)



もしかしたらマグリットは、共感覚の持ち主だったのかな…
なんて想像したり。。。
いずれにしても、マグリットという人は、
私たちが日常、よく見る事物を切り口として、
この世とは異なる四次元ポケットのような世界に
よく旅をしていた人物なのだろうと想像します。
いや、彼にとっては旅ですらないのかな。


Magritte_L'oiseau de ciel.png

(《空の鳥  L'oiseau de ciel》: 1966)



私たちが目にしているこの世界、
共通認識として揺らがない(と信じている)この世界は、
たくさんの「仮の」決まり事で成り立っていると思います。


例えば、
「人間は重力があるから空を飛べない」、
「一枚の葉は一人の人間より小さい」、
「昼間は太陽が出て空が明るくなるが、夜は暗い」とか。


しかし、本当にそうでしょうか。
実は案外簡単に、扉をくぐるだけでするりと
「そうではない世界」に行けてしまうのかもしれない…
と、そんなことを考えさせる展示会でした。

Magritte_Le blanc-seing.png

(《白紙委任状 Le blanc-seing》: 1966)




最後に、フランス語学習者のみなさまにクイズでするんるん


クイズ1:この文字、な〜んだ?
Magritte_Rêve.png

(《会話術 L'art de la conversation》:1950)








答え: Rêve (夢)





クイズ2: じゃあ、これは?

Magritte_L'art de la conversation.png


(《会話術 L'art de la conversation》:1950)




答えAmour (愛)





クイズ3:じゃあ、これは何の意味でしょう?

Magritte .png




答え:私も分かりません!




(用語解説:上段左  L'Acasia  (植物のアカシア)
        上段右  La Lune   (月)
      中段左  La Neige  (雪)
                 中段右  Le Plafond(天井)
      下段左  L'Orage   (雷)
                 下段右  Le Désert (砂漠)


これはマグリット本人に答えを聞いてみないと
分からないでしょうね…。
お後がよろしいようで ^^;



Merci beaucoup et à bientôt!ぴかぴか(新しい)
(どうもありがとう!それではまたね!)
      



posted by sari at 22:01| Comment(0) | Journal Intime en français | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。