2017年03月28日

『世界は男と女で出来ている!』

Bonjour!


みなさま こんにちは。
オンラインフランス語学校 巴里舎(ぱりしゃ)です。

桜の開花が待ち遠しい今日この頃ですが、

みなさまはいかがお過ごしでしょうか。^^



さて、メールマガジンではフランス語の文法のコツを少しずつ

紹介させていただいているのですが、

せっかくなので、このブログでも音声つきで載せさせていただきますね。

フランス語学習のヒントになりましたら幸いです



早速ですが、今回のテーマは

『世界は男と女で出来ている!』です。


「なになに、恋愛の話?」と思われるかもしれませんが、実はこれ、名詞の話なんです。^^;

フランス語の名詞は、固有名詞(都市の名前含む)を除き、

すべての名詞が男性名詞か、女性名詞かに分かれます。



「え〜、名詞に男とか女とかあるの??」

と思われたそこのアナタ!

残念ながら、はい、ございます。(笑)



まずは分かりやすい例から見ていきましょう。

(単語の下部をクリックすると、音声をお聞きいただけます)



père (ペーる)(意味:父)…男性名詞

père.wav


mère  (メーる)(意味:母)…女性名詞

mère.wav




「お父さんは男性名詞で、お母さんは女性名詞かぁ。

 な〜んだ。当たり前じゃん楽勝、楽勝」…ですね。



ポイント1:

è という謎のアクセント記号が出てきていますが、

これは「アクサングラーヴ」と言います


日本語の「エ」よりも、口の開きが大きく、リラックスした音です。



ポイント2:

フランス語の”r” の音は、日本語にはない音で、ちょっと耳慣れないかもしれませんね。

深〜いため息の音に似ていると言われています。

ちなみに、日本語の「ラリルレロ」の音と区別するために

当ブログではひらがな表記で「らりるれろ」とさせていただいています。^^



では、カフェメニューなどでおなじみの、次の単語はどうでしょう?



jus (ジュ)(意味:ジュース)

jus.wav


tarte (タるト)(意味:タルト)

tarte.wav



正解はこちら!



jus (ジュ)…男性名詞

tarte(タるト)…女性名詞



ポイント3:

フランス語では、単語末の子音は発音しないという決まりがあります。(ただしc,r,f,lは発音される傾向があります)

ですので、”jus” は思わず「ジュス」と読みたくなりますが、正しい読み方は「ジュ」となります。




ということでした。みなさんの推理は当たりましたか?


ちなみにオネエ系(中世名詞)は存在しないので、ご安心くださいね。^^;


フランスの文化や音楽とからめて、

楽しく文法をご紹介できればと思っております。

次回もお楽しみに!

Merci beaucoup et au plaisir de vous revoir! A très bientôt!

merci.wav

(ありがとうございました。またお会いしましょう!)
posted by sari at 00:01| Comment(0) | フランス語の文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

『たかが世界の終わり』(Juste la fin du monde)

Bonjour à toutes et à tous!

みなさま こんにちは。



超久々の更新になってしまいました。^^; みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

Ça fait très très longtemps que je n'ai pas écrit ce blog, presque 6 mois! lol


久しぶりに、恵比寿ガーデンシネマに映画を観に行きました。

Je suis allée voir le dernier film de Xavier Dolan "Juste la fin du monde".


ずっと気になっていた、Xavier Dolan(グザヴィエ・ドラン) 監督の最新作

『たかが世界の終わり』(Juste la fin du monde) です。

この若いカナダ人の監督の才能には以前から惚れ惚れするものがありました。^^


Ça fait longtemps que je voulais voir ce film,car j'admire le talent de ce jeune réalisateur canadien.



ギャスパー・ウリエル演じる主人公の男性は、ある理由で12年前に家を出たきり、一度も家に戻っていません。劇作家として成功した人生を歩みながらも、実は死を目前にしています。彼の背景は多く語られないので、なぜ彼が家を出たのか、死の原因は何なのか…詳しいことはまったくわかりません。

しかし今回、真実を告げるため家に帰る決意をする…というお話です。


Il s'agit d’un homme ayant quitté la maison il y a douze ans, mais qui a décicé d'y retourner  face à sa mort éventuelle (On ne sait pas la raison).

Malgré son grand succès en tant que dramatruge, il éprouve une énorme solitude durant toute sa vie.



家族といえど、異なった魂を持つ人々が一緒に暮らすむずかしさについて考えさせられました。

Cela m'a fait penser à la difficulté de vivre dans la famille dans laquelle vivent ceux qui ont différntes sortes d'âme.



 映画の中で、ナタリー・バイ演じる彼の母親が言ったセリフがとても印象に残りました。

「あなたのことが理解できない。でも愛してる。この愛は誰にも奪えない」

Dans le film, la mère de cet homme,  dit des mots impressionnants: "je ne te comprends pas, mais je t'aime.Et ça, personne ne peut me l'enlever." 



家族とは何か、愛とは何か…いろいろと考えさせられる素晴らしい作品でした。

みなさまも、ご興味のある方はぜひ観に行かれてくださいね。^^

Ce magnifique film m'a fait songer à l'amour en famille.

Je vous conseille vivement d'aller le voir!!



http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/



P.S. (Pour mes amis français: n'hésitez pas à me corriger si mes phrases ne sont pas correctes. ^^ ;_)

Juste la fin du monde.JPGEbisu Garden Place.JPG


posted by sari at 14:06| Comment(0) | フランス映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

Bienvenue Anthony!! (ようこそ、アントニー先生!!)

Bonjour à tous!


みなさま こんにちは。

オンラインフランス語学校 巴里舎(ぱりしゃ)です。


台風が相次いでやってくる今日この頃、^^;

みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

続きを読む
posted by sari at 01:07| Comment(0) | Journal Intime en français | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする